キャンピングカーがいるいらない。合う合わないのはなし。

こんにちは キャブコン、セレンゲティ乗りのTanisanです!
キャンピングカーの魅力や楽しみ方について載せてきていますが、キャンピングカーが全ての方に「良いね」かどうかは疑問符ですよね。それについて私の思いを載せます。

キャンピングカーで得るものは何なのかなと考えると

一言に行って「自由」ということでは無いでしょうか。それも全てが自由というわけでは無くて「ある程度の規制の中で楽しむ自由」というところでしょうか。

旅に出るのも、思いついて都合が付いたとき。

宿の心配はいらない。

時間が余ったときには滞在スペースにもなってくれる。

行き先も変更も思いのまま。

食事の形態も自由に出来る。

出発、中止、延長も思いのままですね。

沢山の魅力がある中ではございますが、全ての人にこのスタイルが受け入れられるわけではないですね。

結構合わない人もいることも確かですね。

自分が好きだからと言って、周りの人もみんな良いと思うかは。。。

身内や親戚の中でも意見が分かれます

よく私は義理の兄たちと4人で飲むのですが、年齢は私が一番下で上は60歳。

家も近いこともあって、その機会も多くて、時々キャンピングカーで行くときがあります。

でも、義理の兄たちにはあまりキャンピングカーは良いとは思われていないようです。

年齢も近いし、いろいろと共通とされることも多いので価値観も近い物と思っていた私でした。

でも実際に持ってみて、その後、誰かもまねして購入すると人がいるんではと思っていましたが、結果はゼロでした。

環境的にはとても近いのですが、情報を取るまでも至って無くて、興味は無いみたいです。

「すごい車だね」とは言ってもそこまでで、結果的にキャンピングカーに乗って楽しんでいるのは私だけです。

いらない理由は

購入価格から考えて、コストパフォーマンスが悪いことが一番の理由でした。

確かにそうですね。私も最初そう思いました。

そして「そんなに行かないし、基本的に車を運転するのが好きじゃ無い」ということもありました。

キャンピングカーのデメリットでもあります「自分が運転していかなくてはならない」という点。

自分ではないにしても「使用者の誰か」が運転して、そして帰ってこないと行けないという当たり前のことが、面倒と思う方もいます。

寝るということで、もっと快適に寝たいから「ホテル」が良いという思い。

キャンピングカーの宿泊はタイプにも寄りますが、俗に言う一般車両やミニバンに手を加えて眠る「車中泊」とは全然違います。

何が違うのかというと、その快適性です。キャブコンに乗っている私は変なホテルに泊まるよりずっと快適な環境を得ることが出来ます。

でも確かに季節的なこと、車の中に温泉は無いですし、自分で沢山のことをしないといけないのも事実です。

そこら辺を考えるとわかるような気がします。

こんな方が向いてるような気がします

1)旅のコストを抑えたい人
本体価格を考えたら絶対に赤字だと思うし、「元を取ろう」なんて思うのは厳しいけど。
一回ごとの出費は抑えられるので、ウレしいところです。

でもあんまり頑張っちゃうと、こんな気持ちになるときがあります。

2)自由な時間設定で動き回りたい人
出発も夕食後であったりと、自由気ままです。そこに魅力を感じれる人にとってはウレしいですね。

3)家の延長線上にあるので、食材を持ち出してコストを抑えたい人。
家で今食べている食材や期限が切れそうな食材まで持ち込んで、思いっきり使い切りたい人にもお勧めです。

家にあった食材で作った鍋。これが実にうまい!

4)アウトドアの非日常的なことに憧れながらも、家の生活が好きな人。
あまりワイルドなキャンプをしたくない人や虫とか嫌いな奥様とかにも良いと思います。
最初に普通のキャンプをしたほうが、キャンピングカーのありがたみがわかるという意見も聞いたことがありますが、そうでも無いような気がしてます。

5)いろいろと自分でやってみたい人
キャンピングカーの中を自分流にいじり倒したい人には、最高のおもちゃ箱になりますよ!

などなど。まだまだ沢山おすすめしたい人はいますが
とても魅力的な車だけに、その有用性も高まりますね。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする