キャンピングカーを購入するときにビックリしたこと。普通車購入とは常識が違いました。

こんにちは キャブコン、セレンゲティ乗りのTanisanです!
私はキャンピングカーセレンゲティをいろいろなタイミングが良かったので、新車で購入となりました。それは平成23年12月のこと。そのときに普通の車の購入とは違うことにビックリしたことが何点か有りました。ご参考までに。

値引きが何もない

少なからずミニバンより高いお買い物です。価格もン百万です。ずいぶんと高い買い物をしてしまったと、ちょっと興奮というか、震えちゃうというか。そんな気持ちであったことを覚えています。

オプションの選択も終わり、必要な書類がどんどんと出来ていきます。価格もどんどんと上がっていく。

「一応このようになります」とビルダーさん

「わかりました。でいつ頃、納車ですか」と私。

「12月末というところでしょうか」

「でっ?」と切り出す私。

「えっ?」とビルダーさん

「あのぉ~~。値引きってないんですか?」とちょっと格好悪いけど聞いてみた。

「有りませんよ。通常キャンピングカーは値引きってないんですよ。受注生産みたいなもんですし、趣味のものですから」と

えっ~~そうなの?そういうモンなの。知らんかった。。。

急に不安になって。払えるだろうかと、妻と顔を見合わす。

でも今更引き下がれるわけもなく、普通車の感覚だとここから10%位は落ちるだろうと、思っていたし、何かオプションをつけてくれるとか交渉もあるんだろうと。

なんとなく購入できなければ「別に良いですよ」みたいなオーラを感じてしまう。

そうだったんか。わかっていたらチョットは違っていたよね

欲しさ弱さで購入となりました。
他のところはどうかわかりませんが、私の場合はそうでした。

正直ビックリしました。知らないって恐ろしい。

現金なんですよ♪

車を取りに行ったら、ピカピカの私のセレンゲティが止まっている。
楽しみだねと。

最後の商談と支払い方法のことを話すんだなと、事務所に入る

一通り、装備品の説明を受けて、細かな注意事項などなどを教えてもらうけど、ウレしくて何も頭に入らない

さて鍵を受け取りましたが一向に支払いの話にならない。

アレッと思っていたら最後に。

「それではお支払いをお願いします」と

「今ココでですか?」

「何もお申し出がないので現金でお支払いと思っておりました」と

「あやぁ~~。持ってきてないよ。そんな大金。後日振り込みなのかと思っていました」

それを聞いて向こうもビックリです。それ以上に私がびっくりです。

もしかして払ってないと乗って帰れないみたいだし、そしたら家族全員でJRで一度帰らないといけないわけだよ。それはなしだよね~~

「そうでしたか。じゃあ申し訳ないですが、これにご記入ください」と信販会社の申込用紙が出てきた。仕方なくこれに記入して、年末にさしかかり混み合う銀行から後日入金となりました。

そういうもんなんですね。知りませんでした。

このまま乗ってお帰りください

以前からキャンピングカーを取りに来るということでいたから、それは致し方ないのだが、初めてキャンピングカーを運転する自分は不安いっぱい。

チョットだけ覚悟はしていたが、最初はちょっと戸惑った。

納車は自宅までお願いした方が良かったかも知れないと思いきや、交渉時に話したら、通常の納車費用のようにタダみたいなことにはならない。

しっかりキャンピングカー持ってくる運転手さんの分とか、ビルダーさんまで戻る分までの費用などなどがかかるようで。

それをおかけになるんでしたら何かオプションをつけられた方が良いですよと

確かに言えてる

でも結構高い買い物だからそんへんはなんとかならんのかなぁ~~なんて淡い期待は見事に打ち砕かれてしまいました。

そういうもんなんですね。

まとめ

キャンピングカーの購入って結構お高い。新車でしたからそうなのかも知れませんし、そこそこのお店で考えた方も違うとは思いますが、私の場合はそうでした。

もっといろいろと調べてから購入すべきだったとは思います。

でも買いたいときが買い時という言葉もありますし、いろいろと交渉してると買う機会を逃してしまうような気もして、焦っていたのも事実です。

違う世界を見て、常識がこんなにも違うんだなってとても勉強になりました。

今は購入に対しても新車、中古 そしてレンタルといろいろバリエーションもございます。
情報沢山に良いタイミングを見て、購入に踏み切りたいですね

いろいろとありましたが、いえてるのは「キャンピングカーの乗れて楽しい」ということがあるので、今ではちょっとした想い出です。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする