夏だキャンプだというより、ちょっと寒い時の方が使いやすいキャンピングカー

こんにちは キャブコン、セレンゲティ乗りのTanisanです!
キャンピングカーの魅力や楽しみ方について載せてきていますが、実際に使ってみますと、夏の盛りはキャンピングカーはあまり適さないと思うのです。それについて私の思いを載せます。

エアコンは、なまら電気を食う

私のキャンピングカーはルームエアコンを搭載しておりませんので、はっきりとしたことはわかりませんが、どう考えてみても非力なバッテリー環境ではエアコンを作動させることは不可能です。

大型家電の領域に入るでしょうエアコンは、誰が見ても電気食いです。

車載の冷凍冷蔵庫でさえ、「節電だ」「節電だ」と騒いでいる中で厳しいことは予想が付く。

幸い私の環境では、エアコンは不要であるからあまり悩むこと無いのだが。。。

ただ、使う環境に言ったらやはりあってありがたい装備であることには違いない。

実際に使われている方もいるわけで、バッテリの新しいうちはその力もあるかと思うけど、徐々にパワーダウンしてくるバッテリー。

心配の種は尽きない

冷やすより温める方が得意なキャンピングカー

キャンピングカーに乗ってるけど、使う季節や場所は考える必要があると思う

最初から大変なところや環境でどうかという考えた方もあるけど、その環境に合わせた使い方、過酷な環境から遠のくことも必要かと思う

キャンピングカーの電力事情を考えると、得意なのは「冷やすより、暖める方」ではないかと思う

ffストーブはエアコンほど、「電気食い」ではないから、一晩回しっぱなしでも大丈夫な設備だ

多少、点火時と消火時には電力を多めに必要とするが、普通に回っているときは電力の心配はあまりしていない

キャブコンは大抵は断熱材も充実しているので、真冬の北海道でも寒さを感じたことは無い

暑さ対策としての断熱材の効果も見逃せないが、我が家の環境では寒さ対策にその効果を感じ、快適な環境が実現されていて助かる

我が家は冬になると本格化する

「暑いときは北海道でもしんどい」

最近の異常気象のせいでしょうか、北海道でも暑くて大変なときがあります。

本州の方に比べたらレベルは全然低いのでしょうけど、慣れていないこともあってか「暑い」

だから

あまり真夏は我が家はキャンピングカーでは動きません

車中泊もあまりしないです

もっぱら春先と秋口。この時期のキャンピングカーはとても快適でウレしくなってしまいます

そして冬。この時期もまた好きですね! 運転がちょっと大変ですけど、元々あまりスピードを出す車でも無いので、割と積極的に出動することが多いですね。

直冬になってしまうと、外で遊ぶことが出来ないので時間の過ごし方を考えなくてはいけないのですが、キャンピングカーの中で過ごす分にはとても快適な環境であります

キャンプ場も空いてる

春先と秋口はキャンプ場もガラガラ。

普通のテント泊ではきちんとした装備を持つキャンパーで無いと難しいし、我が家も経験がありますが、「下から寒さが上がってきて寝てられない」ことがありました。

ワイルドなキャンパーしかいない中で、キャンピングカーのキャンプ場利用はバッチリです。

問題は寝るときなので、暖かさは保証されることはウレしいことですね。
時折降る「冷たい雨」にもへっちゃらです。

そしてオフシーズンでもあるので「利用料金が安い」ときがありますよね。

寒いときはトイレが必需品

このオフシーズンのキャンプ場利用の際に是非持って行きたい、使いたいのはトイレです。

以前にトイレの使用するしないの記事を書かせてもらいました.

本当に必需品と思えるアイテムとなりますよ

いつでも使えるように、使う環境作りを作っておくと良いですね。

熱燗が美味しい季節になると、キャンピングカーの中で飲む熱燗もまたうまいんです

そして続いてでるのはおしっこ。

トイレは大事ですよ(=^^=)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする