メリットばかりじゃないキャンピングカー。運転してて困るときもあります。デメリットの紹介

こんにちは セレンゲティ乗りのTanisanです!
キャンピングカーに乗って6年がたちましたが、魅力の方が多いのですがデメリットも結構あるので、私なりに感じた点を紹介しますね

横風に恐怖を感じてしまう

純正のショックを使っていたときのことですが、横風が吹いたら「フラッッ」と車が持って行かれます。ちゃんとハンドル持ってないと、危ないですよ。

基本的にスピードを出す車ではないと思いますが、高速道路を走る際に横風があると怖い。そしてその横にバスとかトラックとか並び、自分を追い抜いていった瞬間、「揺れる」

慣れるまでは結構怖かった

モンローサムライを入れてから、格段に安全性は増して、横風にも踏ん張ってるというか、揺れが早くに収まるのは実感として感じて怖さは大分減った。

駐車場の問題が直面する

立体駐車場は当たり前にアウト! コインパーキングも入れる場所と入れない場所があるので特に都心部に行くときには、駐車場を決めるのに困るときがある。

私のセレンゲティは、5M×2Mの大きさなのでほとんどの駐車場において広さに困ることはないけど、高さには気を遣うことになる。

結局、駐車できなくて予定に間に合わなかったり、遠くに止めなくてはいけないということがあるので注意が必要だ。常に駐車できそうなコインパーキングが気になって仕方ない私がいる。

道の駅などが無難なのだろうけど、道の駅は基本的に繁華街から遠いことが多いので、都心部に用事があるときは使えないときが多いですね。

ガソリンが食う

3トン近くある車なので致し方ないところもあるけど、私のセレンゲティで燃費はリッター6~8㎞くらいです。

一日300㎞くらい走ったら、給油の心配をしないといけない。こと、北海道は24時間営業のガソリンスタンドが少ない方で、結構離れていることも多いのでガス欠が心配になるときがある。

普段乗りっていうのはちょいと厳しいかも

私の場合はキャブコンなので余計そう思うのですが、バンコンだとその辺はあまり感じないかも知れません。

もう一台、普段乗りのコンパクトカーなどがあると良いですね。ガソリンも食いますし、ヒョイヒョイというわけにも行きません。

走ってしまうとあまり大変さは感じないのですが細かいところを走るとか、近くまで自転車代わりに乗っていくっていう感じにはなりませんね~。

メンテナンスはある程度自分でしないといけない

特に後ろの部分は、一般の車屋さんでは見てくれないので、ある程度自分でDIYしないといけないですね。

トイレとか冷蔵庫とか、きれいにしたり、点検したりと自分で気をつけてみていく必要があります。でもそれも楽しみと思えばかわいいもんです。

軽量化も狙っているのか、割と華奢な装備もあり、乱暴に扱うと壊れてしまう事があります。海外製の物を使っていることが多いので、修理にも時間とお金がかかりますので取り扱いは丁寧にしてあげる必要があります。

まとめ。メリットの方が多いです

まとめなんですが、デメリットはあまり出てこないです。キャンピングカーは遊ぶための大きな道具と思えば、使い道を考えた使い方が求められると思います。

ですから日帰りの温泉でも、キャンピングカーで行くとなぜか「遊んできた」という感覚が強くなり、リフレッシュが出来ます。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする