いろんなタイプのキャンピングカーがあるけど、キャブコンが好きですね

こんにちは セレンゲティ乗りのTanisanです!

チョットだけキャンピングカーの種類とキャブコンの魅力を載せました。

キャンピングカーの種類

大きく分けて2種類。
一般的にキャンピングカーといってイメージされる白いでっかいタイプ。私のセレンゲティの感じのもので、キャブコンと言います。

それと一般のハイエースなどを改造したバンコンというタイプ。

他にマイクロバスベースのバスコンとか、フルコンとかあるけど、あまり一般的でないので大きく分けて2つというところでしょうか。

バンコンは高さがキャブコンほどではないから、機動性はスゴく良いと思いますね。

私は乗ったことがないのでよくわからないのですが、外から見てもキャンピングカーらしくないところがまた魅力であるという声もあります。

迷うことなくキャブコンが欲しくて

どっちが良いという選択は私にはありませんでした。だってキャンピングカーっていったらこの形でしょ♪ともう私は形から入って、私にはこれしかない!位の勢いでした。

思いっきり田舎町なので保管には何も困りません。なんだか恥ずかし(^^ゞ

でも実際に買いに行ってみると、高い!当時、示された価格は650万だった気がする。もうココで、これは「金持ちの乗る車」と思ってしまった。本当は違うのに・・・

ちょっと高すぎ!と遙か遠い夢の世界に消えてった┐(´-`)┌

子供が小さいときほど魅力的な車であるのに、子育て奮闘中の我が家においては、やっぱり買えない。でも欲しくて欲しくて。

もっと情報収集すれば良かったのに、鼻から諦めてしまって、「無理」という言葉で先を塞いでしまっていたように思います。もっと調べていたら乗れていたかもしれないです。

「ちゃんと調べればよかった・・・」当時はネットも始まったばかりで、周りに乗っている人がいなかったらアウトの状態でした。

今は良いですよ!いろいろなバリエーションも出てきてるし、レンタルもあるし、ものすごい数のブログも存在し、情報が取り放題! 自分に合った方法を見つけて乗れたら最高ですよ!

ただいまと入ってくる子供達

我が家は上の子が高校を卒業するときに、購入しました。下の子は中学生でした。進学で函館近郊より札幌の学校に通うことになり、一人住まいが始まりました。

時折、自分たちも子供の様子をうかがいに札幌まで行きます。娘の部屋は単身用のアパートで親子4人で寝泊まりする広さではありませんし、布団だってそんなに置いておくわけにもいきません。

娘のアパートに着くと、娘は「ただいま」と言ってキャンピングカーに入ってきます。私たちも「お帰り」と答えてしまいます。「やっぱり家なのかも知れない」と思います。

そのまま家族4人で買い物したり温泉に行ったり、食事をしたりと、その後はどこかで車中泊。家族が揃い自由気ままに過ごして、また娘をアパートに届けて、私たちは戻っていきます。

4人がいてもあまり窮屈さを感じず、会話も弾みます。キャブコンの快適性がそれを助けてくれているように思います。

中で4人で立っていられるってスゴいことだと思う

快適性の違いを感じるのはココなのかもしれないです。背中を丸めて過ごすという場所がないこと。

それ故デメリットもありますが、こと停車中においてはその魅力が十分に感じられます。

友人を先日乗せたときに「立っていられるってスゴいことだよ」と言われ、改めてそういうことだったのか!と気づいたときでした。

いろいろな環境要因がありますが、私はキャブコンを買って良かったって思います。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする